マイナンバーの情報漏洩を防ぐシステム

pexels-photo (4)

給与計算システムを導入している会社が恐れているのは、情報を漏洩したことについて罰則を与えられることです。

マイナンバーを管理する担当者などが正当な理由がない状態で、関連した情報を渡してしまうと、四年以下の懲役になるか、二百万円以下の罰金を支払うことになります。

情報の漏洩を防ぐために必要なセキュリティを強化する機能を搭載している給与計算システムもたくさん存在します。
例えば、マイナンバーの担当者だけしかマイナンバーについての情報が含まれているデータベースにアクセスできないように設定することができる機能も用意されています。

そして、誰がいつマイナンバーについての情報が含まれているデータにアクセスしたかを遡って調べることができるように、
アクセスしたログを監視できる機能を搭載しているシステムもあります。

給与計算システムのアクセスログを監視していることを全ての従業員に公表することによって、
不正が発生するのを抑止するための対策とすることが可能です。

また、マイナンバーをコピーしようとしたり印刷しようとしたりするのを禁止する機能も用意されています。
万が一、データベースやファイルの情報が漏洩してしまった場合でも判読することができないように、暗号化しておく機能も用意されています。

これらのセキュリティを強化する機能については別のシステムとして用意されている場合も少なくありませんので、それらを上手に利用すれば安い費用で全体的にセキュリティが強化できます。
マイナンバーシステムのオススメサイトです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Posted by: yiB3fYkc on

Tags: