マイナンバーの業務とBPO

a1a10f29fd9e34e6cae7ee138d22da12_s

企業運営にかかわる業務やビジネスプロセスを、自社のなかですべて完結させるの

ではなく、外部の専門的な知見をもった企業に委託をして効率化をはかることを、一般にマイナンバーのBPOと呼んでいますが、これはマイナンバーについても導入が可能なものとなっています。

マイナンバー制度は、唐突に施行されたいっぽうで、
企業におけるその対策のための業務量はかなり膨大となっており、
通常の業務にくわえてマイナンバー業務までを処理するのはかなり困難です。

BPO導入で実現できることとしては、たとえば従業員や、
取引をしている先の個人事業主などのマイナンバーを逐次収集するといったことが挙げられます。

大企業の場合には、従業員数だけでも相当なものですし、
少なくともその人数分はかならず収集しなければならないということになりますので、BPOであれば便利です。

また、収集したマイナンバーについても、外部への漏洩を防止するために、
適切に管理をしておかなければなりませんが、これもBPOによって解決を図ることが可能となっています。

情報管理の上では、独立したシステムを構築するとともに、パスワードで特定の人物しか情報にアクセスできないようにしたり、
一定の時間が過ぎれば入力された情報が破棄されるようにしたりといったことが求められます。

これも企業の自助努力だけで実現するというのはコストと労力からいって問題がありますので、やはりBPOで対応するのが効果的でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Posted by: yiB3fYkc on

Tags: