ひたすら更新する一人のブログ http://karasu-log.com My WordPress Blog Wed, 19 Oct 2016 15:16:41 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.5.7 マイナンバー収集代行とはどのようなサービスか http://karasu-log.com/?p=26 http://karasu-log.com/?p=26#respond Fri, 30 Sep 2016 14:06:32 +0000 http://karasu-log.com/?p=26 収集代行サービスとはどのようなサービスかマイナンバー収集代行サービスとは、企業の担当者の代わりにマイナンバー収集を行うサービスです。
マイナンバーは従業員などの税や社会保障などの手続きに使うもので、本来は自社で収集と保管を行うものですが、個人番号の取り扱いは外部への委託が認められているため、セキュリティー面や業務の効率など様々なメリットがあるアウトソーシングを利用する場合が少なくありません。

収集代行サービスを利用するメリットマイナンバーは大変重要な個人情報と位置づけられており、情報漏洩など不適切な管理を行うと社会的な信用を一気に失ってしまうことになります。

従来から顧客などの個人情報を頻繁に扱っていた企業ならこのような重要な情報の収集には慣れていますが、そうでない企業にとってはすぐに完璧に対応するのは難しいものです。
そこで、個人番号を専門的に扱う業者に代行を依頼することで、セキュリティー面でも安心して個人番号を収集できますし、本来の業務に集中できるのがメリットです。どのように収集を行うのかマイナンバー収集代行サービスで個人番号を収集する対象は自社の従業員が最も典型的で、そのほかにも報酬支払いなどの取引のある個人事業主などの個人番号の収集にも対応できる場合がほとんどです。

実際の収集方法は、郵送で案内を送り返送してもらう場合や、スマートフォンのアプリを使ってデータ転送をすることで収集することもあります。

マイナンバーの保管サイトで情報を入手してみて下さい。

]]>
http://karasu-log.com/?feed=rss2&p=26 0
マイナンバーの保管とは http://karasu-log.com/?p=22 http://karasu-log.com/?p=22#respond Fri, 26 Aug 2016 04:23:35 +0000 http://karasu-log.com/?p=22 マイナンバー制度は2016年から実施されたもので国民一人ひとりに番号をあたえて社会保障や税の手続に使用するというものです。

これら企業でも従業員のマイナンバーを収集する必要があり、
また扶養家族の場合は従業員の家族の分も収集しなければならなくなります。

企業では法律で決められた利用目的として従業員にわかるように公表、
周知する必要があります。

従業員というのは社員だけでなくアルバイト、パートタイマーなど含む全員ということになります。

本人は通知カードまたは個人番号カードを持っていることになりますが、企業では通知カードや個人番号カードに記載されている番号を収集して保管しますが、なりすましを防止するためにも本人確認が必要となります。

本人確認は通知カードだけの場合は免許証やパスポートといったものが必要になるということ、個人番号カードを持っている場合はそれだけで本人確認を行うことができます。

企業はこれらマイナンバーの保管して利用もしくは提供を行うことになります。例えば社会保険の手続きや源泉徴収票に印字して提出をすることになります。

これら法律で決められている社会保障や税といった分野以外で使用することはできないため、企業においてもきちんと管理をしなければなりません。

個人情報でもあるために漏えいしてはいけません。保管ということではセキュリティの高いシステムで管理をする必要があり使用する担当者も限定しなければなりません。

]]>
http://karasu-log.com/?feed=rss2&p=22 0
マイナンバーの情報漏洩を防ぐシステム http://karasu-log.com/?p=18 http://karasu-log.com/?p=18#respond Tue, 26 Jul 2016 09:29:46 +0000 http://karasu-log.com/?p=18 給与計算システムを導入している会社が恐れているのは、情報を漏洩したことについて罰則を与えられることです。

マイナンバーを管理する担当者などが正当な理由がない状態で、関連した情報を渡してしまうと、四年以下の懲役になるか、二百万円以下の罰金を支払うことになります。

情報の漏洩を防ぐために必要なセキュリティを強化する機能を搭載している給与計算システムもたくさん存在します。
例えば、マイナンバーの担当者だけしかマイナンバーについての情報が含まれているデータベースにアクセスできないように設定することができる機能も用意されています。

そして、誰がいつマイナンバーについての情報が含まれているデータにアクセスしたかを遡って調べることができるように、
アクセスしたログを監視できる機能を搭載しているシステムもあります。

給与計算システムのアクセスログを監視していることを全ての従業員に公表することによって、
不正が発生するのを抑止するための対策とすることが可能です。

また、マイナンバーをコピーしようとしたり印刷しようとしたりするのを禁止する機能も用意されています。
万が一、データベースやファイルの情報が漏洩してしまった場合でも判読することができないように、暗号化しておく機能も用意されています。

これらのセキュリティを強化する機能については別のシステムとして用意されている場合も少なくありませんので、それらを上手に利用すれば安い費用で全体的にセキュリティが強化できます。
マイナンバーシステムのオススメサイトです。

]]>
http://karasu-log.com/?feed=rss2&p=18 0
マイナンバーの業務とBPO http://karasu-log.com/?p=14 http://karasu-log.com/?p=14#respond Wed, 29 Jun 2016 00:58:30 +0000 http://karasu-log.com/?p=14 企業運営にかかわる業務やビジネスプロセスを、自社のなかですべて完結させるの

ではなく、外部の専門的な知見をもった企業に委託をして効率化をはかることを、一般にマイナンバーのBPOと呼んでいますが、これはマイナンバーについても導入が可能なものとなっています。

マイナンバー制度は、唐突に施行されたいっぽうで、
企業におけるその対策のための業務量はかなり膨大となっており、
通常の業務にくわえてマイナンバー業務までを処理するのはかなり困難です。

BPO導入で実現できることとしては、たとえば従業員や、
取引をしている先の個人事業主などのマイナンバーを逐次収集するといったことが挙げられます。

大企業の場合には、従業員数だけでも相当なものですし、
少なくともその人数分はかならず収集しなければならないということになりますので、BPOであれば便利です。

また、収集したマイナンバーについても、外部への漏洩を防止するために、
適切に管理をしておかなければなりませんが、これもBPOによって解決を図ることが可能となっています。

情報管理の上では、独立したシステムを構築するとともに、パスワードで特定の人物しか情報にアクセスできないようにしたり、
一定の時間が過ぎれば入力された情報が破棄されるようにしたりといったことが求められます。

これも企業の自助努力だけで実現するというのはコストと労力からいって問題がありますので、やはりBPOで対応するのが効果的でしょう。

]]>
http://karasu-log.com/?feed=rss2&p=14 0
情報漏えいを防ぐセコムのマイナンバーサービス http://karasu-log.com/?p=10 http://karasu-log.com/?p=10#respond Wed, 01 Jun 2016 02:11:30 +0000 http://karasu-log.com/?p=10 マイナンバーは個人情報でもありますので、情報漏えいなどが発生すると、会社の信用に傷がつきます。これを

防ぐためにも、厳重な管理ができるマイナンバーサービスを利用するのがおすすめです。

マイナンバーサービスを利用するなら、そのサービスを提供する会社自身の信用も重要になります。

セキュリティ関連で有名なセコムでも、
マイナンバーのサービスを提供しています。

セキュリティ専門の会社ですので、その他の会社よりも信頼性が高いという魅力を持っています。

セコムのサービスは、個人事業主でも利用しやすくなっています。
家賃経営を行っていたり、弁護士や開業医、講師など、個人で事業を行っている人でも受け付けてくれます。

24時間365日フル稼働の監視システムを導入していますので、安心して任せられます。
インターネットで利用できますから、パソコンで入力するだけで、楽に管理ができるようになっています。

保管場所には、最高水準のセキュアデータセンターが使われています。
外部に保管することから、社内で悪用されたり、紛失するリスクを低く抑えることが可能です。

保管期間については、アラートで知らせてくれますので、うっかり廃棄をし忘れることが少なくなっています。

また、長期間の保管が必要なマイナンバーについても、わかりやすく管理ができるよさを持っています。

利用料金は種類によって違ってきます。5万円と20万円の料金が存在しますが、細かな内容については資料請求や問い合わせなどで確認しましょう。

]]>
http://karasu-log.com/?feed=rss2&p=10 0
安堵してもらえるマイナンバーの収集の方法を策定する http://karasu-log.com/?p=5 http://karasu-log.com/?p=5#respond Fri, 06 May 2016 01:54:17 +0000 http://karasu-log.com/?p=5 呼びかけに二つ返事で応えて最善の行動を起こしてくれる従業員だけで構成された組織は、マイナンバーの収集が容易に済みます。慎重に仕事を進めるあまりマイナンバーの収集に協力的でない人もいますから、作業の完了時期を早めるためには当該労働者を納得させることが急務です。

 

通知されたマイナンバーを収集する義務が企業組織にある旨を公表しても一向に提出されない状況が続けば、突発的に勤しむ業務のせいで時間が取られかねません。

 

感情的になってしまいがちですが、気持ちの冷静さを保ちつつ最善の手段を模索していきます。

収集したマイナンバーを知っていようとも、一般人には何も行う権限が付与されていない事実を教育する方法があります。

 

存在自体は認識している一方で、第三者の記憶に定着すれば何がしかの事態に発展する可能性があると信じて疑わない労働者は少なくないです。

 

公式的に提供されている情報を根拠として正しい知識を与える教育を施せば、担当者は不届きな行いができない現実を痛感させられます。

 

マイナンバーを収集した後から逐一現状を社内全体に伝える仕組みを構築することも、

用心深い人の心を柔らかくする効果を有します。

 

提出した値をはじめとした内容は、将来的にどのような扱いがなされるのか言葉にしないものの気にする労働者が後を絶たないです。

 

社内文書で定期的に通知することによって、堅牢な管理手法が用いられていて信用できる所属先である旨も強調できます。

]]>
http://karasu-log.com/?feed=rss2&p=5 0